引出物について

引き出物

本来引出物とは結婚式にだけでなく、祝宴の主催者側から招待客への贈り物だったそうです。今は引出物といったら結婚式に出席してくれた方へのお土産になっていて、お礼としての意味ではありません。そのため、ご祝儀の金額とは関係なく、招待客全員へ同じ引出物を渡します しかし、最近では引出物を結婚式に出席してくれたお礼として考える人も増えてきているみたいです。

贈った方々に喜んで頂けるような引出物を選びたいですね。引き出物専門店を出したいと考えている方は、引き出物の需要とその意味などを良くしっておく必要があります。(引き出物のカタログ選びは出産祝いにも役立つ知識です。)

引出物の選び方

最近では軽量で持ち運びに困らないサイズの物を引出物とする人が多くなっているみたいです。遠い所からわざわざ結婚式に出席してくださる人のことを考え、あまり厚みのある大きくて重なるような物は避けたいですね。実用的なものや自分では買わないがあるとうれしいものなどが喜ばれるようです。高級感やセンスの良さが分かるような物を好んで引出物にする人が増えているようです。

また結婚式にはいろんな方がいらっしゃるので、参列者などに合わせた引出物選びをしたいものです。最近ではカタログ式の引出物が増えているみたいです。結婚式の当日に参列者にカタログを配り、後日参列者がカタログに載っているものを選んで、はがきに記入して注文するとシステムで、この方式を使用すると参列者それぞれが個人で欲しいものを自分で選べますし、荷物もカタログ1冊と軽く済ませることができるので大変喜ばと思います。最近では出産祝いや内祝いでも多く用いられています。

ただ、このカタログ式の引出物は従来の引出物の形とは違うので間違ってカタログを捨てる人がいるかもしれないし、中々受け入れるのが難しいという方もいるみたいです。尚、期間内にはがきを投函するのを忘れてしまった人には規定の引出物が届くようになっています。そういった点に注意してどういった引出物にするか考えたほうが良いでしょう。

最近ではこのカタログ式の引出物と昔ながらの手渡しの引出物として2つに大きくわかれています。
どちらの方が良いのか二人でよく相談して、結婚式の参列者の皆さんが喜んで下さるような引出物を選んで下さい。

引出物のマナー

引出物の渡し方は基本的に頂いたご祝儀に対してお礼として引き出物を渡します。例えば、夫婦で結婚式に出席なさった方の場合は夫婦で一つのご祝儀なので、引出物を渡す場合は一つで大丈夫です。

しかし、夫婦の場合は気をつけないといけません。夫婦で結婚式に出席してくれたのと一人で出席してくれた方との引出物については差をつけないといけないのです。夫婦で出席してくれた方の方の引出物を一人に渡す引き出物よりランクを少しでも上げるようにした方が良いです。また、引出物の注文の際は、結婚披露宴会場の引出物コーナーで申し込むことができます。それに希望の品を扱っていないときでも希望の品を取り寄せてくれる場合があるので担当者の人に聞いた方が良いでしょう。

引出物は出席者分の数が必要とされますので、結婚式直前では注文しても間に合わないので、最低でも1ヶ月前には必要な引出物の大体の数を知らせておく必要があります。招待客の数が確定したら引出物の注文の数を決めて注文し直すようにした方がいいです。出席者の人数が変わる可能性があるときは、事前に担当者の人に変更するということを伝えておくと後で変更しても、対処するのにスムーズに変更することができるでしょう。

どうしても結婚披露宴会場の引出物ではないものを贈りたいときは、すべて自分達で用意することになるので引出物についてはなるべく早く決めておいた方が良いでしょう。そういった場合は、会場への持ち込み料が発生したり、また持ち込み禁止という会場もあるので事前に確認しておいて方が良いでしょう。以上のことを踏まえて引出物のマナーについて気をつけて式を挙げてください。

check

2016/11/2 更新