結納

結納とは日本に古くからある婚約の儀式のことをいいます。二人の家と家が、婚約を確認するためのものでもあります。それと同時に二人の婚約を周囲に公表する機会とも言われています。

また、男性が相手方の両親に、今まで育ててくれたお礼の気持ちをあらわすといった意味でもあります。伝統的な結納は、仲人が使者になり、両家を往復して結納を行います。まず、男性側から結納品を女性宅へ納め、そこで仲人が受領のあかしとしての受書を預かり、男性宅に運ぶといった順番になっています。仲人が橋渡し役になり、両家の婚約の確認を行うのです。

仲人

仲人の役割として、本来は男女の仲を引き合わせ、両家の意向をとりまとめるというものでありました。また、縁談からお見合い、結納、結婚式までの行事に関わり、挙式までの段取りなどを行います。それに問題などがあった場合は両家の立場を考えながら仲介役として解決していたそうです。さらに結婚後は、良きアドバイザーとして、ふたりの生活を見守るといったことも行っていたみたいです。

昔は、お見合いをしてから結婚といった流れでしたから仲人という存在はとても重要なものだったと思われます。しかし、現在の日本は恋愛結婚の多いので今の仲人は形式的なことを行う役割になり、新郎新婦、両家との関係もそれほどは深くならないのが一般的になりました。それに仲人がいなくても結婚式を行うケースもあるみたいです。

結納スタイル

結納をする
正式結納とは仲人が使者となり両家を往復し、結納品を届けるといったやり方になります。 仲人は、まず男性宅から預かった結納品を女性宅へ納め、宴席である祝い膳などの結納返しと受書を預かって男性宅へ納めるといったことをします。 略式結納とは両家が集まって結納を行うやり方のことをいいます。 集まった場で結納品を納め、結納返しも一緒に行い、女性側の自宅や式場、料亭などといった場所を借りて行う人が多いようです。仲人の自宅っていうときもあり、最近はこういったケースが多いようです。結納プランは結婚式場やホテルなどで用意されいるプランで結納品や食事、室料までセットになっています。仲人を立てる場合も一度に集まり、その場で結納返しまで行います。
結納をしない
結納を行わないときは顔合わせや食事会、結納品などのものは特に用意しないで、どちらかの自宅やレストラン、料亭などといった場所で食事をします。婚約指輪などといった婚約記念品や結納金などここで交換することが多いみたいです。
結納も食事会もしない
お互いの両親が遠い場所に住んでいるといった、物理的な理由から結納を行わないケースが多いようです。 この場合、結婚式が初顔合わせとなるので、話し合いなどをして準備しておいた方が良いでしょう。

婚約スタイル

婚約式
婚約式といったものがあり、聖職者立会いのもと、結婚についての意志を誓い合う儀式であります。 キリスト教宗派により内容が違うので、教会やブライダルプランといったものを利用して行うスタイルです。
婚約披露パーティー
婚約披露パーティーといったものもあり、家族や親戚、親しい友人などを集めて婚約を発表するパーティーであります。遠く離れた友人などから電報が届くことも多いですね。欧米では一般的に行われており、婚約記念品の交換を行ったりします。また本人(新郎、新婦)または友人、家族が主催して開いてくれることもあり、主にホテルやレストランなどの場所を貸しきってた行うことが多いみたいです。

Valuable information

2017/2/7 更新